沿革

1995年 4月 加古川動物病院として設立・開院されました。
1999年 6月 デジタルX線検査室、クリーンルーム手術室、入院室、超音波検査室拡張のための第一期増築工事が行われました。
1999年 7月 日本動物病院福祉協会(JAHA)によって『認定動物病院』に指定され、地域の基幹動物病院として一層の重責を負うことになりました。
2002年 11月 特殊診断用検査室、動物用研究室新設のための第二期拡張工事を行い、動物特殊臨床診断に関する基礎研究が開始されました。
2003年 2月 ヘリカルCTと3D-CT解析システムが導入されました。
2003年 6月 HistVet関西検査センターが設置され国内の動物特殊診断ラボ機能を果たすことになりました。
2004年 9月 近畿地区三学会において「Ehrlichia症自然感染犬30例における統計学的研究(2001~2003)」が学術奨励賞を受賞しました。
2004年 10月 ヘリカルマルチスライスCTとAWワークステーションが導入されました。
2005年 2月 MRIオープンタイプが導入されました。
2005年 3月 第1回オープンセミナー(小動物臨床神経学の基礎と鑑別診断)を開催しました。
2005年 9月 近畿地区三学会において山崎獣医師他発表「ウサギのエンセファリトゾーン感染症感染率と抗体価陽性症例の薬品投与に対する反応性の調査」が学会長賞を受賞しました。
2005年 9月 第2回オープンセミナー(小動物臨床神経学の応用と臨床例)を開催しました。
2006年 9月 近畿地区三学会において三好獣医師他発表「イヌ形質細胞腫の三例」が学術奨励賞を、木ノ下獣医師他発表「後天性重症筋無力症の3例」が学会長賞を受賞しました。
2007年 9月 近畿地区三学会において長谷川獣医師他発表「腹水を材料としたイヌアルブミン製剤の作成と臨床応用の研究」が学術奨励賞を受賞しました。
2007年 12月 16チャンネルCTが導入されました。
2008年 3月 第三期施設拡張工事が竣工しました。
2009年 9月 近畿地区三学会において山崎獣医師他発表「自発呼吸下での全身麻酔誘発性低通気/無気肺発症における危険因子についての回顧的検討」が学会長賞を受賞しました。
2011年 2月 外科用X線撮影装置(Cアーム)が導入されました。
2012年 5月 1.5テスラMRIが導入されました。
2013年 9月 近畿地区三学会において廣瀬獣医師他発表「犬の軟部組織肉腫に対する動注療法の適用」が学術奨励賞を受賞しました。
2013年 11月 3D画像解析専用ワークステーションが導入されました。
2013年 12月 16チャンネルCTが更新され、ハードがコンパクトになり、機能も充実しました。
2015年 10月 近畿地区三学会において木村獣医師発表「選択的動注化学療法により長期の維持を可能とした鼻腔内腺癌の犬の1例」が学術奨励賞を受賞しました。
2016年 11月 電子カルテシステムが更新されました。
2016年 12月 第2駐車場が完成しました。
2017年 8月 圧力解析装置(フォースプレート)が導入されました。
2018年 12月 消化器内視鏡ビデオスコープシステムが更新され、脳神経外科専用内視鏡が導入されました。